“太史慈”の読み方と例文
読み方割合
たいしじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところが、太史慈は、稀代な騎乗の上手であった。尾側けいろうとすると、くるりと駒を躍らせて、こっちの後ろへ寄ってくる。
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
張遼太史慈とは、まだ火をちらして戦っていたが、この中軍の崩れから、敵味方の怒濤に押され、ついにそのまま、引き分れてしまった。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
第四陣、太史慈呂蒙、第五陣、陸遜董襲。——また呂範朱治の二隊には督軍目付の任を命ず。以上しかと違背あるな
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)