鍵屋の辻かぎやのつじ
張扇から叩きだすと、「伊賀の水月、三十六番斬り」荒木又右衛門源義村(みなもとのよしむら)——琢磨兵林(たくまひょうりん)による、秀国、本当は保和、諱(なのり)だけでも一寸(ちょっと)これ位ちがっているが——三池伝太光世(みつよ)の一刀をもっ …
作品に特徴的な語句
そうらい くく おわ 平常へいそ けが かけ ひっこ むなし らい かん ぐらい とど ならび いた 寸毫すこし たず なのり 身丈みのたけ 先頭さき 出来でき かくま 周囲あたり 周章あわて 商人あきゅうど かじ 平常いつも 御仁おひと なり かな 明瞭はっきり 真額まっこう あつ たま 袖摺そですり 逸話はなし 馬借ましゃく 一寸ちょっと 一日あるひ 万屋よろずや 仇敵かたき 何故なぜ 何時いつ 備前びぜん 光世みつよ 其義そのぎ 刻足きざみあし 効果ききめ 厚重あつがさね 双手もろて 可申もうすべく 周章あわ 呼吸いき 咽喉のど さむらい 宗矩むねのり うち 容易たやす 対手あいて 尖先きっさき もっと 屹度きっと 左手ゆんで 平常ふだん 微塵みじん 愚者おろかもの 所謂いわゆる 手向たむ 手段てだて 打討うちと 扮装いでたち かつ 持余もてあま 摺鉢すりばち 擦傷かすりきず かたき たお これ 曲事くせごと きね はて 此度このたび 武士さむらい 死際しにぎわ 氏鉄うじかね 沢庵たくあん 流石さすが 濁酒どぶろく みだ はなは 相極あいきわま 眉宇びう 真向まっこう 祐定すけさだ けが 素破すわ 綽名あだな すが 翻燕ほんえん