“こさ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
88.4%
胡沙2.9%
1.7%
1.2%
調1.2%
小三0.6%
0.6%
0.6%
胡砂0.6%
虎鯊0.6%
製作0.6%
0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ようし。おれも大三だ。そのすきとほったばらの実を、おれがへて見せよう。おい、みんなばらの実を十貫目ばかり取ってれ。」
よく利く薬とえらい薬 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
「三川北虜乱レテ麻ノ如シ、四海南奔シテ永嘉ニ似タリ、但東山ノ謝安石ヲ用ヒヨ、君ガ為メ談笑シテ胡沙ヲ静メン」
岷山の隠士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
七月が來て觀音樣の晩になれば、町のわかい娘たちはいつも奇麗な踊り小屋をへて、華やかな引幕をひきその中で投げやりな風俗の々とづりかはしながら踊つた。
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
ともふが、い。では可笑かんべい。へてせつせえ。え。縦横くだ、……じにらかすで、べてるだね。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「富井さんも愈々口がまったのなら、れ洋服がるでしょうから、三越へそう云ってお調らえなさい。少しいいのを調えた方が結局は得ですから。」
大島が出来る話 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
おまはんは小三さんの事というと気違のようになりますが、あの目のい客衆を殺せば、仮令小三さんが世に出ればとて、人を殺しちゃア斯う遣って居る事は出来まへん
あるじがもてなしとて、蕪菜を味噌汁にしたるなかにいぶかしきものあり、案内がさし心えていふやう、そは秋山の名物の豆腐也といふ。豆を事はせしがざるゆゑなし。
いつの間に初太郎は斯んなのをへておいたのであらう。聞けば彼の病氣の烈しかつた時一生懸命になつて彼を看護した彼の家の下女が是を産んだのだ相だ。
古い村 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
無学な鉱夫あがりの成金だなぞということから、胡砂ふく異境にいだ「王昭君」のそれのように伝えられ、この結婚には、拾万円の仕度金が出たと、物質問題までがんで
柳原燁子(白蓮) (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
ブランダ人言う、最初虎に条紋なかったが川岸に生えるケヌダイ樹の汁肉多きが落ちて虎にれ虎を汚して条紋を成したと。『本草』に海中の虎鯊能く虎に変ずとある。
へばのやうな、へい、魔王殿一目たら、松脂いて、夜這星つてぶ……い、爪紅製作へるとはぬかい!
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
持出て次右衞門に向ひ越前守より申れし段上樣へ申上候處御滿足思召し明日の刻に越前役宅へ參るべしとの上意なり是は余が所持の品如何敷候へども其方へはすとて一
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
昼前にった笛が、あの儘転がっている、水車が歌をうたっている——その歌は水車でなくて、自分が歌っているようにも思われる。桶屋の前に子供が遊んでいた。あの黒い海に鰐が住んでいる。
越後の冬 (新字新仮名) / 小川未明(著)