“こしら”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コシラ
語句割合
89.9%
2.0%
1.7%
1.5%
1.0%
調0.7%
製作0.5%
0.3%
製造0.3%
築造0.2%
裁縫0.2%
0.2%
0.1%
調製0.1%
仮設0.1%
扮装0.1%
0.1%
料理0.1%
細工0.1%
腹拵0.1%
虚構0.1%
補理0.1%
0.1%
調理0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
医者と云ふものは、病状の診断を、患者の顔色からも、へるものだからね。それは、君のモラアルも、僕にはよくわかつてゐるさ。
創作 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
『空穀でも無いでやす——雀には食はれやしたが、しかし坊主(稲の名)が九分で、目は有りやすよ。まあ、一俵へて掛けて見やせう。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
「何だつて、貴方、東京でつた靴ですから東京へ送り返すのです。へた店でなくつちや、直しやうがないぢやありませんか。」
花笠を造つたり、小さな山車へたり、山車の屋根を飾る挿花を考へたりして、キヤツキヤツと騒いで居るのでした。
女王 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
この家は旧札差えた家で、間口が四に二間半の袖蔵が付いており、奥行は十間、総二階という建物で、木口もよろしく立派な建物であったが
本當に調へて呉れるかえと眞面目だつて言へば、夫れは調らへて上げられるやうならお目出度のだもの喜んで調らへるがね、私が姿を見てお呉れ
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
てよ。雖然自分製作へただ、これが、もし価値つて、あの、おより、つてたらうする。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
谷中あたりの職人え、印半纏を着まして、日の暮々に屋敷へ入込んで、灯火かん前にお稲荷様のに設けた囃子屋台の下に隠れている内に、段々日が暮れましたから
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「明朝のを今製造えるのでしょうねエ」とお秀も笑うて行こうとする
二少女 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
見るものの眼から見れば建てさせた人が気の毒なほどのものを築造えたを見るたびごとに、内々自分の不運を泣きますわ、お上人様
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
『今夜衣服裁縫へて了へば、明日幾何か取れるので御座んすけれど……四銭しか無かつたもんですから。』
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
ひとつひとつ克明にかなえていったらりがないが、まずり。えだった。
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
さうしてその目的を以つて君はへてをるのぢやらう、なあ、さうすりやその貨さへ得られたら、好んで不正な営業を為る必要は有るまいが。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
間、君は何の為にゆるのぢや。かの大いなるとする者を奪れた為に、それにへる者として金銭といふ考を起したのか。それも可からう、可いとしてく。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
いゝやなそれは、出來ない調製へてれとははない、おさんにいたさ、まあ其樣約束でもしてばしていてお
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
さん何時左樣つたね、になるとれに糸織着物をこしらへてれるつて、本當調製へてれるかえと眞面目だつてへば
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
この上は仮設えるべき口実の種も尽て居たが、さればと云って小歌に逢わずには居られず、つるんだ金の手もとで出来るはずはないのでころなく巻紙の皺をべて
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
ヒューという寒風いで柳番屋の蔭に立って居ると、向うから申し上げた黒縮緬の頭巾を被り大小を落差しに致して黒無地の羽織、紺足袋という扮装えで通りました
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
綿かと思うな背を見物へ背後むきに、そのえし姿見に向って、筵に坐ると、しなった、細い線を、左の白脛に引いて片膝を立てた。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
あのさんばかりはこの貧乏のくせに毎晩四合の酒を缺かさずに、肴の刺身か豚の鍋でも料理へてゐないことはない。
一家 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
迎へたやうに細工へるから——そりやあもう新平民の娘だとは言ふもんぢやないから。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
かれこれ三十分も待たしといてから、やっとどうにか六カ月のお腹拵えて行きましてん。
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
虚構えるぜ!」と冷笑った。大坊主はじろりと顔を見た。
露萩 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
に物事能分別し太七を船乘にして船を補理へ名を勘兵衞とめさせ其頃名高き女にありしとかや
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
甲板ゴルフ、麻雀、ブリッジ、碁、輪投げ、散歩、デッキにえたプウルの水泳。夜は映画、音楽会。舞踏。
見計らって調理えろと云えば好いじゃないか」
琴のそら音 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
さうがない屹度お光さんの色香に迷ひ私があれ程に言て置た事をも打忘れて自分から迷惑へ私に相談も無い者だ夫と云も日頃から身のみのい故とやきかけし女房は可笑くも又道理なり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)