“つき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ツキ
語句割合
53.8%
8.5%
7.5%
6.5%
4.4%
2.6%
2.0%
2.0%
1.4%
1.0%
0.8%
0.8%
0.8%
0.6%
0.6%
0.6%
0.4%
0.4%
0.4%
0.2%
0.2%
0.2%
津木0.2%
0.2%
0.2%
交際0.2%
0.2%
侍女0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
嫦娥0.2%
0.2%
扈従0.2%
昼月0.2%
月光0.2%
玉兎0.2%
着座0.2%
突切0.2%
0.2%
0.2%
附属0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
廿日かげんで、さし木立おぼろおぼろとく、たりや孤徽殿細殿口にはくものもなきぞかし。
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
さんと云るを共に涙にたりしがてお文は父母の前にたり兩手を今お兩方樣のおしを承まはり候に父樣は何方へかお身を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
近習番木村丈八事、やがて其地に立寄り申す、領内にて相待ち、同道にて帰府のほう都合しかる——という指令なのであった。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
私は早速、対空本部漢師長を呼びだした。そして、いつもに似合わしからぬ爆弾の深度爆裂についてたずねたのである。
気のた折は是非世間の面白可笑いありさまを見るがよいと、万事親切に世話して、珠運がに恋人のし跡に移るを満足せしが
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
これをに誠あれば必ず外にるというなり。いやしくも心をめずして、いたずらに外形をるは、あたかも方物にて円影を求るがごとし。
教門論疑問 (新字新仮名) / 柏原孝章(著)
信州高遠町少林寺の境内にの古木がある。これを矢立の木という(木の下蔭)。矢をもって神を祭り武運を祈るというのも、また領内の安全の祈祷であろう。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
女兒しき介抱にみし武左衞門てすや/\と眠りし容子にお光は長息夜具打掛て退に在し硯箱を出して墨を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
め忌〻しい、と駄力ばかりは近江のお兼、顔は子供の福笑戯に眼を付け歪めた多福面の如き房州出らしき下婢の憤怒、拳を挙げて丁と打ち猿臂を伸ばして突き飛ばせば、十兵衞堪らず汚塵
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
伏拜むこそ道理なれ又長兵衞夫婦は川崎宿まで送らんと同道なしけるに後藤も其志操のきを何時迄名殘ねども跡々
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
主人翁御自慢の高粱パンも非常に美味しく頂戴した。それに続いて五分米飯。わけぎ味噌汁。もやしもの。白魚白味トジ清汁。亜米利加鱒乾物酢。
お茶の湯満腹談 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
川上の方から瀬をなしてながれて来る水が一たび岩石と粘土からなる地層に当つてそこに一つのをなしてゐたのを『葦谷地』と村人がへて、それは幾代も幾代も前からの呼名になつてゐた。
念珠集 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
さて蚺蛇群の蛇はおよそ六十種あり、熱帯アメリカのボアやアナコンダ、それから眼前予の論題たる蚺蛇、いずれも横綱の大蛇がその内にある。
虚言という者そめて正直は馬鹿く、真実は間抜に扱わるゝ事あさましき世ぞかし。
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
極陰の地にを作り、屋を、別に清浄の地にをめぐらして、人にせず、鳥獣にもさせず、雪を、雪ふれば此地の雪をかのこめめ、人是を守り、六月朔日是を
野獣の肉、谷川の魚、森のした貝、——そう云う物がく盛られたまま、彼の前に並べられた。若い女はを執って、彼に酒をむべく、炉のほとりへ坐りに来た。
素戔嗚尊 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
我里の羽子辺鄙とはいひながら、かゝる艶姿にあらず。
浮世のの涙をば、まだ味わわぬその頃は……
イオーヌィチ (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
あげて
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)
聞て友次郎は小首け小とは少く心當りありと追々
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
三吉は後より尾來るゆゑ小兵衞は彌々恐れ種々に逃廻ると雖も三吉は尾慕ひければ小兵衞は足にせて逃歩き夜に入て漸々歸り我が家の表口より入時後にて三吉はと入來り御免なさいと言ながら店先に腰を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
痲痺するする抵抗力へてるので徳利が一づつされて徳利つたとでは一のたしなみがれて威勢た。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
おつぎはしにた。年輩には惡戯であるかがてのつてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
しかしだんだん彼らとあってみると、実に村夫子の中に高い人格をえた人が、る所にいるのを見て、心窃に喜んでいる。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
またよしかくのごとく冷淡に法律的制裁のみによりて動くほどに堕落しなくとも、夫婦間に報酬的思想をもってあったとしたら、その間にいかなる社会が出来るであろうか。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
津木ピン福地キシャゴがいるから、頼んでからかわしてやろう」吾輩は金田君の生国は分らんが
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
学校へ出ても福地さんや、津木さんには口もかないんだそうです。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
だがつもるになお君の酒をよろこぶのは
ルバイヤート (新字新仮名) / オマル・ハイヤーム(著)
つみ重ねて来た七十の
ルバイヤート (新字新仮名) / オマル・ハイヤーム(著)
見れば昔し由縁ある人なる可し親子の立擧動尋常ならず親は篤實れ娘は孝行自然と知れまた容貌もれたれば忠兵衞ほと/\感心なし主個のうち向ひお見申せばお宅樣はお二個にてお孃樣失禮ながら美麗きお生れにて御座りますが定めしお婿樣
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
兎角利口發明の樣に思はるゝなり則ち義經卿近くは眞田幸村又平家にても知盛卿など皆其類にして漢の高祖の所謂獵師獵犬の功に違ひ有が如し然りと雖も百姓半左衞門の半作より弟半四郎の方は生れきもあり又大力無双なれども温順にして兄弟共至つて親に孝行を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
『——ならば、よいではございませんか。この先に美味汁粉屋ができましたね。右衛門七のやつも、先刻、食べたいなどと云っていましたから、交際あっておやんなさいな』
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そうしてその中から執事とか、あるいは会計主任とか、また商将とか、あるいはラマのおとかいうような者を選抜して、いろいろその勤める範囲が違って居ります。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
たちの難義ゆるなれば、しばらくまりてと、母君やはらかにひたれど、おしのしに甲斐なく、夫々支度して老實侍女らみ、出立何日々々内々きめけるを
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
の北山も片手に風呂敷包をもち、片手に瑠美子をまらせて、あっち寄りこっち寄りして、ふざけながら歩いていた。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
シタが此の鐘を打つ撞木は何所に有ろう、アア戸の表に十有二個の出た所が有る、此の凸点が順々に鐘に当るのだ、併し此の凸点が有る以上は
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
辛未、皇太子、使をして飢者を視しむ。使者り来て曰く、飢者既にりぬ。に皇太子を悲しみ、則ちりて以て当処めしむ。む。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
見惚れて居ります中に朧気幽邃なる高雪峰いな兜卒天上銀光殿かと思わるる峰の間から、幾千万の真珠を集めたかのごとき嫦娥が得もいわれぬ光を放ちつつ静かに姿を現わして
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
うしろも、罎と鎌で調子を取って、大手を振った、おのずから意気の揚々とした処は、山の幸を得たを示す。
みさごの鮨 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「ええ、奉呈しました。それにお扈従の武官たちにも出したのでした。そのおさがりです。」
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
泪ぐみ昼月みて聴いた
あの人 (新字旧仮名) / 森川義信(著)
五十鈴河は末流の方でもはいってはいけない、ことに女人はだが——夏の夜、そっと流れに身をひたすと、山の陰が抱いてるように暗いのに、月光何処からかってきてる水がキラリとする。
玉兎も仏国西方に傾く頃を南無仏南無仏、恩愛永離の時こそ来つれと、斬つて持仏堂に投げこみ、露憎からぬ妻をも捨て、いとをしみたる幼きものをも歯をつて振り捨てつ
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「幸いとほかに相客も居ない様子です。さ、若旦那、どうかそれへお着座くださいまし」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ホテル電車突切はM、H夫人しながらいてゐたが、彼女自動車にでもかれはしないかと気遣つて、どうかするとつたりして
微笑の渦 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
怪物に魂を食わるるとその人個人として自存が成らず心身全滅して再生また極楽往きの望みるとれたのだろ、このところ大いに仏説にどんな大地獄の罪極まる奴も再生の見込みあるとせると違う
立出し頃は享保十六年十一月なりしが三吉は種々工夫して本所柳原屋の權兵衞といふ者あり此者は知人なる故是をみて欺かばやと思ひ常盤橋御門を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
……お千世のためには、内の様子も見て置きたい、と菊家へ連れようとした気を替えて、清葉はお孝を見舞いに行くのに、鮨というのも狂乱の美人、附属ものの笹の気が悪い。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
常ならば東海道の五十三詩にもなるべき景色ならんに、柿色の筒袖に腰縄さえ付きて、巡査に護送せらるる身は、われながら興さめて、駄句だにでず
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)