鴎外博士の追憶おうがいはかせのついおく
若い蘇峰の『国民之友』が思想壇の檜舞台として今の『中央公論』や『改造』よりも重視された頃、春秋二李の特別附録は当時の大家の顔見世狂言として盛んに評判されたもんだ。その第一回は美妙の裸蝴蝶で大分前受けがしたが、第二回の『於母影』は珠玉を満盛し …
作品に特徴的な語句
容易わけな あえ 調戯じょうだん かなし ばなし ごく あせ 白々しらしら 佇立たちどま 必定てっきり うやう 打切うちきり むな はた 精々せっせ ぱら したし 邂逅であ めん かね わずか かんむり むか 大飯おおめし 天禀うまれつき 失敗しま 対聯ついれん ろう 引摺ひきずり おもむろ 怫然むっ 手柬しゅかん 払暁あけがた はた 果実くだもの 燈火あかり 甘藷さつまいも 真書しんか ひそか 胸算むなざん 論駁ろんぱく いい 踏掛ふみか 門札もんさつ つら かわ 饒舌じょうぜつ 一縷いちる 下脹しもぶく うち 丸善まるぜん 些事さじ 以往こっち 仮寓かぐう 何心なにごころ なら 刮目かつもく 刺戟しげき 千朶せんだ 取敢とりあ 取次とりつぎ 口髯くちひげ たた しか 向腹むかっぱら 呆気あっけ 呑込のみこ 呼物よびもの はなし うわさ 嚆矢こうし ふさ 塩梅あんばい やつ 如何いか 字彙じい よろ 容子ようす むか 屏風びょうぶ 差掛さしかか 度々たびたび わきま