“大斧”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おおおの80.0%
だいふ20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
索超は、雪白せっぱくの馬上に、金色こんじきほのおを彫った大斧おおおのをひッさげ、楊志はするどい神槍しんそうを深くしごいて、とうとうと馳け巡りながらきょをさぐる。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
銃の名手丈でなく大斧おおおのを揮う老農があるかと思えば、剣法覚えの浪士が居る。
島原の乱 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
大斧だいふ閃々せんせん槍尖そうせんの電光、おめき合うことも幾十合か。馬も汗するばかりなのに、どうしても、勝敗はつかない。満場は声なく、巨大な落日の紅炎は、西の空へ、刻々に沈んでゆく。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)