“観音堂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かんのんどう52.9%
くわんおんだう29.4%
くわんのんだう11.8%
かんおんどう5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かくては今日東京市中の寺院にして輪奐の美人目を眩惑せしむるものは僅に浅草の観音堂音羽護国寺山門その二、三に過ぎない。
ふ。其処で、野寺観音堂拝殿り、其方盲人にて角觝るまじ、おしかはりくらかつのにせむ。
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
に咲いた紫羅傘の花の紫も手に取るばかり、峰のみどりの黒髪にさしかざされたの、それが久能谷観音堂
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)