“きしゃ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
汽車81.6%
喜捨12.6%
騎射2.3%
滊車2.3%
饑者1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
からもぎとられると、はるばると、汽車汽船でゆられてきたくだものは、毎日毎日、つぎからつぎへといたみくさっていくのでした。
水菓子屋の要吉 (新字新仮名) / 木内高音(著)
「どれ、拙者が喜捨してつかわそう」森啓之助が、なにがしかの小粒銀を紙入れからつかみだして、手欄の方へ立ち上がった。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
……三番は、平河町騎射人形、……四番は、山王町の剣に水車、……八番は、駿河町春日龍神、……十七番は、小網町の漁船の山車、……四十番が霊岸島八乙女人形‥…
買ひて見れば、国王ベルヒの城にりて、容体穏なれば、侍医グッデンも護衛をめさせきとなり。滊車中には湖水のにあつさ避くる人の、物買ひに府に出でし帰るさなるが多し。王のいとし。
うたかたの記 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
には効あり、にはありければ、民翕然として之に従いけるに、賽児また饑者にはを与え、凍者には衣を給し、賑済すること多かりしより、に追随する者数万に及び、びて仏母と称し
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)