火を点ずひをてんず
村へ石油を売りにくる男がありました。髪の黒い蓬々とした、脊のあまり高くない、色の白い男で、石油のかんを、てんびん棒の両端に一つずつ付けて、それをかついでやってくるのでした。 男は、勤勉者でありました。毎日、欠かさずに、時間も同じように、昼す …
作品に特徴的な語句
黄色きろ えが 幸福さいわい ごう うし うえ いきお ぐら きたな とく たい 目的もくてき もく だい つか ごと そん さん がた こく ぶん りょう せん ほん 果実かじつ 隣家りんか あいだ 往来おうらい かれ ぱい 光景こうけい はい かさ よご べつ 燈火あかり あお 幾何いくら 両眼りょうめ ばこ あか 生活せいかつ けん にち ぐち 今日きょう ほう 非常ひじょう あたま むす 巧妙こうみょう 消費しょうひ きゅう えが ごと 老人ろうじん そと おお よる わか いえ せい 主人しゅじん むすめ よめ なか あき あぶら わたし 神社じんじゃ 石油せきゆ みじか 着物きもの なが もの 燭光しょっこう 爆音ばくおん わた 犯罪はんざい 状袋じょうぶくろ