“はたらく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
66.7%
活動33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
苦力達クウリイたち營營えいえいはたらくく、をんな——細君さいくんひたいために、ばくちをしたいために、阿片あへんひたいために。
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
日本の「つばき」の椿は日本製の字すなわち和字でそれはさかきとうげかみしもはたらくなどと同格である。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
それは彼のとうげだとかさかきだとかまたははたらくだとかいう字と同じでもとより支那の漢字ではない。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
気中に活動はたらく万物ばんぶつもるる事なし。