“わかめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
若布40.0%
若芽27.5%
嫩芽20.0%
和布7.5%
海藻2.5%
若和布2.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
兄さんはいそへ打ち上げられた昆布こぶだか若布わかめだか、名も知れない海藻かいそうの間を構わずけ廻りました。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ぼうぼうの髪を肩までたらし、若布わかめのような着ものをきて、ひげむくじゃらの顔、たけ高く、肩幅広く、熊笹くまざさのような胸毛を風にそよがせている。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
食料は米味噌こめみそ、そのほかに若布わかめ切り干し塩ざかななどはぜいたくなほうで、罐詰かんづめなどはほとんど持たない。
地図をながめて (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
ならび咲く桜の吹雪ふぶきぽぷらあの若芽わかめの枝の枝ごとにかかる
(新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
五月五日。日曜。節句。余等が結婚十九年の記念日。例によって赤の飯、若芽わかめ味噌汁みそしる
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
来年かれると芽が出て空気中の養分を取るまで土の下でその若芽わかめを養っているのですから胚乳と申します。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
黒南風くろはえにかがよふ群の青杉は嫩芽わかめふきたつ深大寺じんだいじの森
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
もみぢの嫩芽わかめと毛のやうな花に
黒南風くろはえにかがよふ群の青杉は嫩芽わかめふきたつ深大寺じんだいじの森
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
槌と鶏と怪をす事、上述デンデンコロリの話にもあり、山茶の木の槌は化ける、また家に置けば病人絶えずとて熊野に今も忌む所あり、拙妻の麁族そぞく請川うけがわの須川甚助てふ豪家、昔八棟造りを建つるに、烟出けむりだしの広さ八畳敷、これに和布わかめ、ヒジキ、乾魚ひうおなどを貯え、凶歳に村民を救うた。
海藻わかめつづったような、恐ろしい襤褸ぼろが、二三枚無いことはありませんでしたが、五月になるとそれを剥がれて、陽の当るうちは、岩の上でも、藪の中でも、赤裸で暮らさなければならないお鳥だったのです。
裸身の女仙 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
あらたへの藤戸の浦に若和布わかめ売るおとひをとめは見れど飽かぬかも
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)