“不透明”の読み方と例文
読み方割合
ふとうめい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自體彼の頭腦の中にはツたガスのやうな氣が充滿になツてゐて、頭が不透明になツてゐる、彼はく其れを知ツてゐるから
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
また他の時はすこしれを帯びたようにんで、不透明で、その皮膚の底の方にはなんだか菫色のようなものが漂っているように見えた。
美しい村 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
と云いながら、雲は無いがなんとなく不透明な白みを持っている柔和な青い色のを、じーっとめた。
雁坂越 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)