“緑金”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
りよくこん50.0%
りょくきん16.7%
りょくこん16.7%
りよくきん16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
靄ごもりむ若葉の緑金はただ一方を陽の照らふらし
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
木下杢太郎も吉井勇長田秀雄も若かった。ゲエテの門番の孫で、伊上凡骨の弟子の猿づらの彫刻家独逸人のフリッツ・ルㇺプも若かった。桐の花とカステラの時代だ。緑金暮春調の時代だ。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
と、蒼蠅だ、緑金の点々々が真向から目をち、頬を撲ち、鼻を撲ち、口を撲ち、たちどころにまた紫の螺旋の柱となって襲いかかった。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
珠玉め、白銀浮彫ひ、緑金象嵌好木奇樹姿らして、粧壁彩巌んだのが、一である。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)