“青宝玉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
サファイア66.7%
せいほうぎょく33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黒い大きな建物が四ばかり立って、その一つの平屋根の上に、もさめるような、青宝玉黄玉の大きな二つのすきとおった球が、輪になってしずかにくるくるとまわっていました。
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
の外の、まるで花火でいっぱいのような、あまの川のまん中に、黒い大きな建物が四ばかり立って、その一つの平屋根の上に、もさめるような、青宝玉黄玉の大きな二つのすきとおった
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
またその桔梗いろのたい天盤には金剛石劈開片青宝玉った粒やあるいはまるでけむりの草のたねほどの黄水晶のかけらまでごく精巧のピンセットできちんとひろわれきれいにちりばめられそれはめいめい勝手呼吸し勝手にぷりぷりふるえました。
インドラの網 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)