“露現”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あら50.0%
ろけん50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
試みながらも其色を露現わさず相も変らぬ静かなる顔付なり
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
嘘を吐きっにして済ませられるなら、思い切って、嘘を吐く事にしたろうが、とにかく今切符を買うと云う間際で、吐けばすぐ露現してしまうんだから始末がわるい。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)