“首里天加那志”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
シユリテンガナシ66.7%
しゆいてんがなし33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“首里天加那志”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]3.4%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本1.1%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
新郎なる男神(男)は、首里天加那志シユリテンガナシ即、国王の御奉公メデイ、との意に御座候。
首里天加那志シユリテンガナシ 百歳モヽトまでタポ
沖縄の旅 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)