“比翼”の読み方と例文
読み方割合
ひよく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのりは、比翼の鳥もおろかと思い、つねに生死と紙一ト重な敵中で、いわば糟糠の妻振りを、かたむけつくしていたのである。
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「何しろ手放しだ。錦子さんとの仲は、天にあらば比翼の鳥、地にあらば連理の枝。それは好いが嘘字が沢山書いてあった」
合縁奇縁 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
女の持物には、く自分の紋と安達の紋とが比翼にして附けてある。二三日安達の顔を見ないとを起す。
ヰタ・セクスアリス (新字新仮名) / 森鴎外(著)