“無常迅速”の読み方と例文
読み方割合
むじょうじんそく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私はこの眼鏡と共に、いつでも母の背景になっていた一間す。古びた張交に、生死事大無常迅速云々と書いた石摺などもやかに眼に浮んで来る。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
二階の梯子段は、母の大眼鏡と離す事のできない、生死事大無常迅速云々と書いた石摺張交にしてあるの、すぐについているので、母は私の声を聞きつけると、すぐ二階へ上って来てくれた。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
生死事大無常迅速、あきらめるさ」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)