“日本建築”の読み方と例文
読み方割合
にほんけんちく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
爾來日本建築漸次進歩して堅牢精巧なものをずるにつたが、これは高級建築必然的條件としてれたので、地震考慮したためではない。
日本建築の発達と地震 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
くとも日本建築古來地震考慮へ、材料構造工風らし、特殊耐震的樣式手法大成したと推測するくないやうである。
日本建築の発達と地震 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)