“到来物”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とうらいもの88.9%
たうらいもの11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
よほど余計な到来物でもなければ出さないで、連中たちの負担でわせましたばかりでなく、とき/″\はこんな負担を命じました。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「冬じゅうの居食いで、山寨の倉も少々お寒くなっていたら、この到来物ときたぜ。なんとこんな疾風なら、ときどきせて来てもらってもいいな」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
到来物粕漬を送つたり、掘立の山の芋を寄こしたりして、その一寸絵の事をも書き添へておくが、画家などいふものは忘れつぽいものと見えて、粕漬や山の芋を食べる時には