墓が呼んでいるはかがよんでいる
この話は、今から四年ばかり以前にさかのぼる。その使いが初めて私の家へ来たのは、何でもその年の九月頃ではなかったかと、覚えている。一週間ばかり私が、伊香保の温泉へいっている間に、六十くらいの下男風の老爺が来て、麹町のお邸から来たものだが、若旦 …
作品に特徴的な語句
チキン めまぐる くるめ 繊細ほっそり しばた 計画スケジュール づら 似合につか 心臓フィラリア かぎ 容易ただ 湿 さか きつ うわ しつら くらがり そら わり ゆう 洋袴スラックス さが 彷徨さすら 昨夜よんべ 溝渠インクライン わずらわ ちご がしら とむ 退しりぞ あで むさ ごしら しる 荷担にかつ 弁別あやめ とっ せい たま こう こん こそぐ 跫音あしあと 何方どなた はず ちがや 煙管パイプ あぐ そこ 明朝みょうあさ つぶら ちげ どき いと 間違まちげ 大学ユニヴァルステート うだ だい あざ あらわ さお とう すさ ひも つがい ぐろ うら スカート 五月いつつき せな うっす 給仕ボーイ プール おやじ 薄暗うすやみ きらめ かしず まど ともしび せん まご ちゃ 数奇すうき むな おとな 気味きび