“双紙”のいろいろな読み方と例文
旧字:雙紙
読み方割合
ぞうし71.4%
そうし28.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なぜなら、おしょさんのうちには、くさ双紙合巻ものが、本箱に幾つあったかしれない。それがみんな、ちょいと何処にもあるようなのではなかった。
秋の夜双紙
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
明け暮れ双紙などを集めて見ていたが、或る時乳人に両親の名を尋ねると、お歎きになることをわしく思い今日まで隠しておりましたけれども
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
と申すはこの頃ふとここへ参って、予も人並に双紙を一つ綴ろうと思い立ったが、つらつら独り考えて見れば、生憎予はこれと云うて、筆にするほどの話も知らぬ。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)