“絵双紙屋”の読み方と例文
旧字:繪雙紙屋
読み方割合
えぞうしや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もはや、季節ぎてしまったので、荒物屋や、絵双紙屋のようなところをいていてみたけれど、うちわをべているはありませんでした。
遠方の母 (新字新仮名) / 小川未明(著)
わたしは菊岡の若い者に連れられて、近所の絵双紙屋で三枚つづきの似顔絵を買って貰ったことがある。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
かの西南戦役は、私の幼い頃のことで何にも知らないが、絵双紙屋の店に色々の戦争絵のあったのを記憶している。いずれも三枚続きで五銭位。また、その頃に流行った唄は
思い出草 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)