月代つきしろ)” の例文
追撃の小競合いはそこにもここにもあった。そのうちに放火もすこし下火になって、二十日の夜の五つ時の空には地上を照らす月代とてもない。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
まだ月代もしない御竹倉の空をじっと眺めていましたが、やがてその眼を私の顔に据えると、低いながらも力のある声で、『どうもしない。一週間ばかり前に離縁をした。』
開化の良人 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
今宵さしぐむ月代のまみのみに
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
しろがねの、月代の霜さゆる隱沼
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
月代や煮仕舞たる馬の 広房
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
月代
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
しろがねの、月代の霜さゆる隠沼
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)