“童髪”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
どうはつ66.7%
ワラハガミ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
弟さまの大長谷皇子は、まだ童髪をおゆいになっている一少年でおいでになりましたが、目弱王が天皇をお殺し申したとお聞きになりますと、それはそれはおりになって
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
童髪かぜに立って夜叉のようだった。とともに死のうと覚悟をしている彼。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
念仏聖の多くは、放髪にして禿つたものである。剃つたものは、法師・陰陽師であつた。だが、禿即、童髪にした「童子」ばかりであつたわけではない。