月代さかやき)” の例文
「大層寢起きが良いな、八。挨拶だつて尋常だし、月代だつて、當つたばかりぢやないか、つかに結構な婿の口でもあつたのかえ」
「こいつ相当にやるな!」と思ってこの男の人相を見直すと、頭のところの月代の中に、大小いくつもの禿が隠れつ見えつしている。
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
小姓がを静かに引くと、白髪りの安井の頭と、月代に赤黒いしみがになっている藤井又左衛門の頭とが、並んで平伏していた。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
月代の伸びた荒くれ男どもは本職の渡世人らしく、頬冠りや向う鉢巻で群がっている穢苦しい老若は、近郷近在の百姓や地主らしい。
名娼満月 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
いつまでもひとりで寝かしておきたかねえんだ。無精ったらしいっちゃありゃしねえ。寝ていて月代をそれとは、何がなんですかよ
五分月代の時代めいた頭が、浮彫のようにきりっとしていて、細身の大小を落し差しと来たところが、約束通りの浪人者であった。
客は毛受けという地紙なりの小板を胸の所へげ、月代を剃ると、それを下で受けるという風で、今と反対に通りの方へ客は向いていた。
朝の内に月代沐浴なんかして、家を出たのは正午だったけれども、何時頃薬師堂へ参詣して、何処を歩いたのか、どうして寝たのか。
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
長髪に月代をのばして仕合い道具を携えるもの、和服に白い兵児帯を巻きつけてをはくもの、散髪で書生羽織を着るもの、思い思いだ。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「何んの禿げたるもんか、入れ毛なんぞしてえへん。」と、千代松は頭の祕密を押し隱すやうに、右の手で月代を押へた。
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
むかしは男は月代といふものを剃つたものだが、それは髭を剃る以上に面倒くさいものであつた。伊勢の桑名に松平定綱といふ殿様があつた。
茶話:12 初出未詳 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
のりになりて首をかすと、権太も釣込まれてその通に首を揺かし、極りの悪き風にて顔を下げ、月代の上に右の手をす。
七月に蘭軒は病中ながら月代をした。「七月九日疝積追々快方には御座候得共、未聢と不仕候間、月代仕度奉願上候所、早速願之趣被仰付候」
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
半三郎の世話もよくする、毎日きちんと月代ってやり、髪を結い、髭を剃らせる。風呂も毎日たてていれるし、手爪先のことまで面倒をみる。
あだこ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
月代のやうにのびは狐のやうにたり、幽灵とて立さわぎしものちは笑となりて、両親はさら也人々もよろこび
彼地の若い衆は顔を出して皆後方へ冠ります、たけ顔を見せるように致しますから、髷の先と月代とが出て居ります。
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
その日も千代子は坐ると宵子を相手にして遊び始めた。宵子は生れてからついぞ月代った事がないので、頭の毛が非常に細くかに延びていた。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
譴責中は月代や髭を剃ることも出来ぬから、長く伸びた月代で髭も蓬々としていたから、何だか怖く、また衰えた風体をしていたので、気の毒に思った。
鳴雪自叙伝 (新字新仮名) / 内藤鳴雪(著)
今あるのは猿が瓢箪を押へとる処と、大黒福禄寿の頭へ梯子をかけて月代つて居る処との二つである。
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
現われた武士は浪人らしくて、尾羽打ち枯らした扮装であって、月代なども伸びていた。朱鞘の大小は差していたが、鞘などはげちょろけているらしい。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
重成の首は月代が延びていたが異香薫り、家康これ雑兵の首にまぎれぬ為の、惜む可きの士なりと浩歎した。
大阪夏之陣 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
頭は月代が広く、あお向いた頸元に小さなれて附いていて、顔は口を開いてにこやかなのは、微酔加減で小唄でもうたっているのかと思われました。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
般若さんというのは背中一面に般若の文身をしている若い大工の職人で、大タブサに結った月代をいつでも真青に剃っている凄いような美男子であった。
伝通院 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
色が抜けるように白く、月代のあとが青々として、髪の毛のつや/\しく黒いことは、今その首を扱っている娘の、肩から背中へ垂れている房々としたそれにも劣らない。
しかもその顔色が土気色をしていて、月代が延びて、髪の結びもみだれて、陰気この上もない挙動なのであった。何か村方の秘事について密告私訴するつもりではなかろうか。
丹那山の怪 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
芝居に出る浪人者のように月代を長くのばして、肌寒そうな服装をした四十恰好の男が、九つか十歳ぐらいの男の子と一緒に、筵の上にしょんぼりと坐って店番をしています。
青蛙堂鬼談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
無反長物を落差しにし、右を懐手にして、左手で竿をのべている。月代は蒼みわたり、身なりがきっぱりとしているから浪人者ではあるまい、相当の家中と見わけられるのである。
顎十郎捕物帳:04 鎌いたち (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
吃驚して見上げると、腰をめた供の男の前に、立ちはだかった一人の浪人——月代が伸びて、青白い四角な、長い顔、羊羮色になった、黒い着付けに、茶黒く汚れた、白博多の帯
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
重ずべき病中とてからず月代せよとの御意なれば掛りの役人も是非なく御櫛
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
挿絵には、頭の月代の所に蟻を戴いた亭主が妻子と共に梨のシンや茄子のヘタなどを乾して日和ぼこりをして居る所へ、蝉を頭に戴いた男が悄然として訓戒を受けて居るさまが描かれてある。
春水と三馬 (新字新仮名) / 桑木厳翼(著)
円珍十兵衛が家にもりて同じことをべ帰りけるが、さてその翌日となれば源太は鬚剃月代して衣服をあらため、今日こそは上人のみずから我に御用仰せつけらるるなるべけれと勢い込んで
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
 に其の五分月代
中村仲蔵 (新字新仮名) / 山中貞雄(著)
「ヘエ——じゃないよ、相手のり好みをしているうちに、月代光沢がよくなってよ、せっかくのいい男が薄汚くなるじゃないか」
今に、その傷が禿げてんでいるが、月代る時は、いつにても剃刀がひっかかって血が出る、そのたび、長吉のことを思い出す。
まさに絶えなんとする息の下で、お前の母は、原士のの老武士へ頼んだ。——孫兵衛が改心するまで月代をのばすことはなりませぬ。
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しばらくぶりで半蔵の目に映る勝重は、その年の春から新婚の生活にはいり、青々とした月代もよく似合って見える青年のさかりである。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
しかし、右門は答えずにぷいと表へ出ていくと、行きつけの権十郎床で、何を考え出したものか、しきりと念入りに月代を当たらせました。
手甲脚絆に草鞋に合羽、振分の小荷物が薄汚れて、月代の伸び按配も長旅の終りと読める。肩で息して首を振りながら
左樣でござります。愚老草紙にして、御城代樣のお月代をする稽古をなさいますので、るたけかしてくれといふことでござりまして。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
六月の十五日は、私の誕生日で、その日、月代って、湯に入ってから、紋着の長いのをせてもらいました。
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
年は三十二、三だろうが、顔色も悪く、眼も頬もおちくぼんでいるし、月代が伸びているためかずっと老けてみえた。
五瓣の椿 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
何ういうことでございますか水色に染紋の帷子を着まして、茶献上の帯を締め、月代を少し生やして居ります。
……月代の跡も青々しい水の垂れそうな若侍がツト姿を現わした。鶯谷で姫を救った深編笠の侍である。
善悪両面鼠小僧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
月代と鬚は近頃剃ったものらしいが、何を使ってどうして剃ったものか、アチコチに切込疵だらけで、ところマンダラに毛が残っているのが、ホコリだらけの町人
月代を剃って貰ったり、あの残酷な微笑を含んだ眼でじっと視つめて貰ったりする、そのことだけが羨ましいのでなく、殺されて、首になって、醜い、苦しげな表情を浮かべて
正面には一間に一間半位の小さい家をかいて、その看板に「御かみ月代十六文」とかいてある。その横にある窓からは一人の男が、一人の髯武者の男の髯をつて居る処が見える。
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
茶店に休んで、青竹の欄干にりながら、紺地に金泥で唐詩をった扇子で、海からの風の他に懐中へ風をぎ入れるのは、月代の青い、色の白い、若殿風。却々の美男子であった。
悪因縁の怨 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
あしたは月代でもして、それから改めて出かけるつもりであった。もう再び故郷の佐野へは帰らない。江戸に根を据えてしまう覚悟であるから、さすがに一夜を争うにも及ばないと思った。
籠釣瓶 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
御助け下され有難く御禮言葉に盡し難し少々は打疵を受たれども然までの怪我にも是なしと云ながら女房は後藤を熟々るに月代蓬々どき六尺有餘の大男なれば又々仰天なし一旦命を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「二月二十五日頭風追々全快仕候に付、月代仕、薬湯え三廻り罷越度段奉願上候処、即刻願之通被仰付候段、山岡治左衛門殿被仰渡候。」月代はしても猶湯治中で、職には服してをらぬのである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)