“ぢ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:
語句割合
27.8%
21.6%
15.4%
9.9%
4.9%
4.9%
3.7%
1.9%
1.9%
1.9%
1.2%
1.2%
0.6%
祖父0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
落葉やの糞で汚れた小庭へ下りて久し振りで築山へも登つたが、昔の庭下駄は歩きつけない足にも重くつて、きに息苦しくなつた。
入江のほとり (旧字旧仮名) / 正宗白鳥(著)
肌着の上にす、の類、好によりていろ/\あらむ。袖は友染か、縮緬か、いづれ胴とは異なるを用ふ、裏なき衣なり。
当世女装一斑 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
左樣の人なるかも此度なき事にて九州へ下るなれ共此用向の次第に是非とも關東へ下向の心得なれば其節は立寄申べしと契約し其場はたり寶澤は九州
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
そして電柱にれて此方を見送つてゐる千登世と、圭一郎も車掌臺の窓から互ひに視線をつと喰ひ合してゐたが、
業苦 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
「私、おはなしが濟んだらお好きな程らしたり怒らせたりして差上げます。でも、おひまで聞いてね。」
も吉兵衞はよりる身ならねば乳母ゆべき金力情け有家へ便めて晝夜をたず少し又はの粉や甘酒と一日々々を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
にどんながゐるか見向きもしなかつた。如何なるものがからつてても、注意しなかつた。彼等きた彫刻れをして、のない肅然つてゐた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「うん。けづなんごだもな。たぐれでばがり居で、一向仕事けるもさないで。今日も町で飲んでらべぁな。うな爺んごにるやなぃぢゃぃ。」
十月の末 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
たすかりたるのち春暖にいたればとなり良医しがたし。凍死たるはまづしば/\をあたゝめ稿火をもつて次第べし、りたるのちせず。
が、暫らく歩いてゐるうちにの痛みを感じ出した。それは僕には坐浴より外にすことの出来ない痛みだつた。
歯車 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
三月おかぬ琴に音たてぬふれしそぞろの宵の乱れ髪
みだれ髪 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
露艦敬禮つて謝意しつゝ、大小ニコバルとサランとを右舷左舷とにめて、西とのなるマラツカ海峽をもいつしか
「さうだが、なんぞぢや、それまでにやつちまあから一でもさういにけていたことあねえな」と一人がいへば
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
婆奴等あななんてつけが、えゝから汝等つててろ、なんてそれからぐうつとふんめえて、背中こすつたな
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
今の主人の祖父いさんのカルロの遣つた事を聞いて見ると好い。お前もどうせ女房を持つのだから、あれを聞いて置いたら、ためになるだらう。
センツアマニ (新字旧仮名) / マクシム・ゴーリキー(著)
今の主人の祖父いさんの代で、其人からさつき云つた、あのセンツアマニと云ふ名がまつたのだ。手ん坊と云ふのだな。山の葡萄畠が半分はカリアリス家の持物になつてゐた。
センツアマニ (新字旧仮名) / マクシム・ゴーリキー(著)
僕は、病床して看護してれる、しい女性も知らないでしい臨終げるんだ!
虚弱 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
それがの弟を抱いて散りりになったと云う事をかに聞きました、其の門番の勘藏を伯父と云うが、それを知って居るよりに証拠はない、尤も外に証拠物もあったが、永らく牢屋の住居にして
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
さなごれたる糠袋にみがきれば化粧ぎく、れも今更やめられぬやうなになりぬ。
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
なぜだろう? それにまた、あの目に見えないよその者は、いったいだれなのだろう?……と、そのとき、おばさんのすぐまかで、ぼうっとした緑色の火花が二つ、一瞬ぱっともえあがった。
カシタンカ (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)