“堀立小屋”の読み方と例文
読み方割合
ほったてごや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
爾来諸君はこの農場を貫通する川の沿岸に堀立小屋を営み、あらゆる艱難と戦って、この土地を開拓し、ついに今日のような美しい農作地を見るに至りました。
小作人への告別 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
なるほど、わたしはぼんやりと、空き地の中に堀立小屋のようなものを見た。
その時の横浜と云うものは外国人がチラホラ来て居るけで、堀立小屋見たような家が諸方にチョイ/\出来て、外国人が其処で店を出して居る。其処へ行て見た所が一寸とも言葉が通じない。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)