“女乞食”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おんなこじき75.0%
をなごこじき25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“女乞食”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
こういって、脊中せなか子供こどもに、いっているのは、まさしく、こないだの女乞食おんなこじきでありました。
奥さまと女乞食 (新字新仮名) / 小川未明(著)
かえったら、このにやってください。」といって、女乞食おんなこじきわたされました。
奥さまと女乞食 (新字新仮名) / 小川未明(著)
溝にわたした花崗石みかげいしの橋の上に、髪ふり乱して垢光りする襤褸ぼろを着た女乞食をなごこじきが、二歳許りの石塊いしくれの様な児に乳房をふくませて坐つて居た。
葬列 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)