奥さまと女乞食おくさまとおんなこじき
やさしい奥さまがありました。あわれな人たちには、なぐさめてやり、また、貧しい人たちには、めぐんでやりましたから、みんなから、尊敬されていました。 冬になると雪が降りました。そして、いままで、外で働いていたものは、仕事をすることができなくなり …
作品に特徴的な語句
何人なにびと うえ すく 紅色あかいろ 前垂まえだ なさ ゆび あた なか からだ ひか ぼっ そと たい 山盛やまも あたら ほう 日後にちのち あか こめ 粉雪こなゆき あだ かる 雨滴うてき あたま 一人ひとり した 世辞せじ 両方りょうほう 両足りょうあし 乞食こじき かわ 事実じじつ ひと 人間にんげん 仕事しごと ひく 催促さいそく はたら ひかり 公平こうへい うち ふゆ まえ つつ しょう 同情どうじょう こま 困難こんなん ぼう 境遇きょうぐう こえ 大騒おおさわ 天気てんき 太陽たいよう おく おんな 女中じょちゅう 女房にょうぼう 子供こども 季節きせつ うち さむ 尊敬そんけい ちい 小走こばし 小鳥ことり やま かえ 帽子ぼうし 平常ふだん 平等びょうどう とし いく 幾日いくにち かたち かげ あと こころ わす