“箱根々々”の読み方と例文
読み方割合
はこね/\100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れに箱根々々びしが、あり、櫻山へる池子山神武寺より、萬兩やかにいたるを一本りて、此草きこと一百年以來のもの
逗子だより (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)