“吹笛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
フルート50.0%
フルウト25.0%
すいてき25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は何時も桐の花が咲くと冷めたい吹笛フルートの哀音を思ひ出す。
桐の花とカステラ (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
私は何時も桐の花が咲くと冷めたい吹笛フルートの哀音を思ひ出す。
桐の花 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
幼子をさなごのむれはまた吹笛フルウト鳴らし、
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
はた、吹笛フルウトのしぶき、
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)