悟浄歎異ごじょうたんに―沙門悟浄の手記――さもんごじょうのしゅき―
昼餉ののち、師父が道ばたの松の樹の下でしばらく憩うておられる間、悟空は八戒を近くの原っぱに連出して、変身の術の練習をさせていた。 「やってみろ!」と悟空が言う。「竜になりたいとほんとうに思うんだ。いいか。ほんとうにだぜ。この上なしの、突きつ …
作品に特徴的な語句
あいだ ほえたけ あや うべな 遊戯ゆうげ 凝固ぎょうこ 愛情なさけ ぎょ ぷく しゅう よろい かっ 狻猊からしし のが あぶ 吹笛すいてき 滅亡ほろび 白牛はくぎゅう むな つの たかんな おのれ くつ あたた まさ そそ いん 肌合はだあ 叡智ちえ たきぎ なま くら くつがえ 高峯こうほう 運命さだめ ひそ 穿うが さか そと わか 山谷さんこく おど いい 実物ほんもの 宿しゅく さわ 対蹠たいせき そこな のぞ ひと 臀部でんぶ ふく 肯定こうてい 無垢むく ふけ ひるがえ 翠雲すいうん あつもの ののし 爾後じご まと しげ すが 爾来じらい 総身そうみ 看做みな 独楽こま 狐疑こぎ さる さる ひき 狐狸こり 瑣事さじ 牛魔ぎゅうま 畏怖いふ 畏敬いけい とど おわ きば 疳癪かんしゃく 窮死きゅうし 納得なっとく あか あら ふし 等置とうち りゅう みは 知遇ちぐう