“喇叭手”の読み方と例文
読み方割合
らっぱしゅ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのとき、渦巻いているホールの賑やかさの中から、バンドの喇叭手がただ一人、れた唇に輪形をつけしきりと梶の方を向き向き、喇叭を吹いたり止めたりした。
罌粟の中 (新字新仮名) / 横光利一(著)
炎々と燃えあがった塔上の聖火に、おなじく塔上の聖火に立った七人の喇叭手が、かに吹奏する嚠喨たる喇叭の音、その余韻も未だ消えない中、荘重に聖歌を合唱し始めた
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
風向うたわ、如何した暴風雨ぢゃ? ロミオがされて、そしてチッバルトもおにゃったか? 大事從兄も、大事なロミオどのも? もしさうならば、大審判日喇叭手