“喇叭飮”の読み方と例文
読み方割合
らつぱのみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たのしみ/\手をつけずに持つて來た二合壜の口を開いて喇叭飮を始める頃になると、漸く私にも眼を開いて四方の遠望を樂しむ餘裕が出て來た。