“組違”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くみちが85.7%
ぐみちが14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて通口組違へて、のない千兩箱積重ねた留桶を、片手掴みで、水船から掬出しては、つかり加減つて十杯ばかり立續けにざぶ/\とちまける。
銭湯 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
枕も髪も影になって、蒸暑さに脱ぎながら、行儀よく組違えた、すんなりと伸びた浴衣の裾をれて、しっとりと置いた姉の白々とした足ばかりがの加減に浮いて見える。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
大いに心組違ひしゆゑグツト云て暫時もなかりしが其儀は私しはまへ申さずと云を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)