“組立”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くみたて60.0%
くみた40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はゞされぬを、不順序に、不調和組立るのである。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
絣になる部分をる時、単位を定め、その組立で模様を生むようにしてゆきます。いわば数理の法則で、いつも模様が出来上ってゆきます。そのため人間のちが介入する余地がないのであります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
……どれ、(樹の蔭にむら生茂りたるの中より、組立てに交叉したる三脚の竹を取出してゑ、次に、其上き板を置き、卓子の如くす。)
紅玉 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
それから二人の飛行具組立てが始まりました。隣合わせた作業場に、お互いに立て籠ったまま。
天保の飛行術 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)