天保の飛行術てんぽうのひこうじゅつ
百年前、日本には既に空飛ぶ機械が発明されて居たのでした。惜しいことにそれが後年の飛行機にまで発達する機会に恵まれず、無智と野心と邪悪な心とに亡ぼされて、たった一篇の随筆と、哀れ深い物語を遺しただけで亡びてしまったのです。併し、その先覚者の逞 …
作品に特徴的な語句
つくば いでたち ふとこ にげ つめた いで 退引のきひ おも なげ 斑々はんぱん 有難ありがと 此方こっち おち 退 つう 大野おおの こび 差出さしで おう 斉広なりなが さら きま 白峰しらみね 真直まっす 素破すっぱ 組立くみた あき すか たく 下司げす なが おっ 何処どこ 何彼なにか 何故なぜ 何時いつ しか 信濃しなの わず まま その 其処そこ かぶ 力瘤ちからこぶ 千仞せんじん 印度インド はら 吹流ふきなが ただ 啖呵たんか うしな 四方あたり 固唾かたず 土産みやげ 埃及エジプト ふさ ほか 奉幣ほうへい めと もっと きっ かさ 左様さよう 市尹しいん 幸吉こうきち かば 弥陀みだ 彼方かなた 必死ひっし ことごと はばか 戛然かつぜん 手挟たばさ 手業てわざ こしら 指金さしがね さば 斉泰なりやす 日和ひより しばら そま 此処ここ 死際しにぎわ こわ 浅尾あさお 清作せいさく みなぎ