“奉幣”の読み方と例文
読み方割合
ほうへい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一時に全国諸社の奉幣を遊ばすので、なにか一つの社だけに願掛けをすることが、をおろそかにするように感じられたのであろう。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
「白山権現様へ奉幣のお役が、年に二三度登山するだ。——その奉幣のお役人が、今日あたりは山へ入られるという話だが」
天保の飛行術 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
茅場町お旅所にて奉幣のことあり、それより日本橋通町すじ、姫御門を抜けて霞ヶ関お山に還御也。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)