評釈勘忍記ひょうしゃくかんにんき
駒田紋太夫は癇癖の強い理屈好きな老人であるが、酒がはいってるときはものわかりのよい人情家になる。そのときも程よく酔っていた。そのうえ多年の念願だった隠居の許しが下って、数日うちに城北いなり山の別宅に夫婦だけで移ることになり、すでに荷物も送り …
作品に特徴的な語句
つく 叩頭こうとう 洒落しゃ 兵衛べえ すべ 嘲笑ちょうしょう きま さき ろう わざ つか がゆ 痙攣ひきつ 蜘蛛ぐも ばか たた しゃが 不遜ふそん これ いささ 仁宅にやけ 仄暗ほのぐら 他処よそ おっ 何誰どなた 個躰こたい かし 僭上せんじょう もう 元亀げんき 其許そこもと 剔出てきしゅつ 勿論もちろん 半揷はんぞう すなわ かえ かわや いや 吃驚びっくり つぶや 呶鳴どな うめ そそ 唖然あぜん うな 喧嘩けんか うそぶ あざけ 嘲弄ちょうろう うわさ 噯気おくび さえず 四辺あたり 困憊こんぱい 国許くにもと 土瓶どびん 堆積たいせき ちり 大股おおまた 天正てんしょう 失笑ふきだ 家扶かふ むし 小頭こがしら もっと 就中なかんずく 屠場とじょう 屹度きっと 嶮難けんなん 庄司しょうじ 復讐ふくしゅう 怪訝けげん ゆる ゆっ 悪戯いたずら 悪辣あくらつ おそ たし あわ 所以ゆえん ほう かかわ こしら ひね 捻込ねじこ 排泄はいせつ おお つか 掻分かきわ