“屠場”の読み方と例文
読み方割合
とじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「人をりてえたる犬を救え」と雲のより叫ぶ声が、しまに日本海をかして満洲の果まで響き渡った時、日人と露人ははっとえて百里に余る一大屠場朔北に開いた。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
この庭は低い黒塗りの板塀を境にして、屠場に続いている。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
他方には肥えたる牛を屠場に引き入れつつある者がある。
貧乏物語 (新字新仮名) / 河上肇(著)