“屠牛場”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とぎうば33.3%
とぎゅうじょう33.3%
とぎゅうば33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは父をきずつけた種牛が上田の屠牛場とぎうばへ送られる朝のこと。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
例の種牛は朝のうちに屠牛場とぎうばへ送られた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
きょうのような日に見るとその醜さがさらに強められる、こんなものや菊人形などというものに比べるとたとえば屠牛場とぎゅうじょうの内部の光景のほうがまだいくらか美しいくらいだと思う。
写生紀行 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
先ず犢十頭をほふってみて三人前の料理だけが取れるか取れないかというものですからこれも屠牛場とぎゅうばへ頼んで持って来てもらいます。その外にまだ珍らしいものばかり取揃とりそろえたいと思いますから用意の出来次第御通知申上げます。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)