“かげろう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カゲロウ
語句割合
陽炎93.1%
蜉蝣4.4%
蜻蛉1.5%
遊糸0.5%
陽遊0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
土も草も大地は若い女のような熱い息をしている、むしむしと顔の汗からも陽炎が立ちそうである。そして、ひそりとした春の昼中。
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
蜉蝣生涯永劫であり国民の歴史も刹那の現象であるとすれば、どうして私はこの活動映画からこんなに強い衝動を感じたのだろう。
春六題 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
児太郎は、ざめた顔をゆがめ、悪いことをしたときの窮屈な冷笑をうかべながら、馬刺剣を庭木の肌を目がけ投げつけた。のいらいらした肌にぴいんと立ち、蜻蛉のように震え、やがて停った。
お小姓児太郎 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
汚く湿った土壌は、遊糸のような日光をり吸うていた。
あめんちあ (新字新仮名) / 富ノ沢麟太郎(著)