あめんちあ
彼はどっしり掩いかぶっている雨催いの空を気に病みながらもゆっくりと路を歩いていた。 そうして水溜のように淡く耀いている街燈の下に立止るたびに、靴の上へ積った砂埃を気にするのであったが、彼自身の影さえ映らない真暗な路へさしかかると、またしても …
作品に特徴的な語句
はずま うつろ しずけ まな 祖父じじ うる うる さかさ いつわり よろこび おそろ 一束いっそく 狼狽あわ おうし 眩暈げんうん ぬす ぶち なぞら よじ おのの 蹌踉よろ 如何いかが みぞれ うるさ そその 啜泣すすりな けむ しわが さま かつ あざ はなや つかま むせ 美味おい 遊糸かげろう うるお 揶揄からか あわただ おり こまや 躊躇ためら ながれ 蹣跚よろめ たのし 蹌踉よろめ ほと 神隠かみかくし はま おそ 歔欷きょき はじ うかが しん とぼそ 竊取せっしゅ ひるがえ ただ ひざ 腹這はらば ふけ 羽撃はばた 羨望せんぼう 美角みます ののし わな まと すが 飜訳ほんやく 絢爛けんらん 素人しろうと くそ 粗忽そこつ 饒舌しゃべ 真鍮しんちゅう もた 狡猾こうかつ 狼煙のろし 龍風たつまき 齟齬そご 獅子しし ほぼ 疵痕きずあと うず しび 黒斑くろぶち しわ 騒擾そうじょう 穿 砂埃すなぼこり