“疵痕”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きずあと91.7%
しこん8.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
骨でも肉でも豆腐のように切れる鋭い小刀ナイフも、まるで鉛か銀のようにやわらかく曲がり折れて、疵痕きずあとさえ付ける事が出来ません。
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
春先になれば、古い疵痕きずあとに痛みを覚える如く、軟かな風が面を吹いて廻ると、胸の底に遠い記憶が甦えるのであります。
春風遍し (新字新仮名) / 小川未明(著)
ソノ刀剣ノ利鋭ナルコト、コレヲ以テ欧羅巴ヨーロッパノ刀剣ヲ両断スルトモ疵痕しこんとどムルナシ。サレバ刀剣ノ装飾ニモ最モ入念ニシテ、刀架とうかニ置キテ室内第一ノ装飾トナス
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)