“成吉思汗”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ジンギスカン85.7%
ジンギスかん14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
参謀二 あれこそは、成吉思汗ジンギスカンの配下にその人ありと聞えた、砂漠の四匹の猛犬、哲別ジェベ木華里ムカリ忽必来クビライ速不台スブタイの四天王にござります。
之を纏めたならば『成吉思汗ジンギスカン實録』以上の大部の書物が出來る。追々は『別録』とか『餘録』とか名づけて、世に公にする積りであるといはれた。
那珂先生を憶う (旧字旧仮名) / 桑原隲蔵(著)
元世祖上都に万余の純白馬をい、その牝の乳汁を自身と皇族のみ飲む、ほかにホリアッド族、かつてその祖父成吉思汗ジンギスかんたすけて殊勲ありつれば白馬乳を用うる特典を得たりと、ユール註に