“ジンギスカン”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
成吉思汗60.0%
成吉汗20.0%
成吉思可汗10.0%
成吉斯汗10.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
札木合ジャムカ (独語のように)攻める成吉思汗ジンギスカンにも、深い意味があり、守るわしにも、深い意味があるのだ。
だが、おれも蒙古の武士、古い恋を根に持って、大軍を率いて攻め来った成吉思汗ジンギスカンに、おめおめこの城を渡されようか。
漢武帝、成吉汗ジンギスカン等は、その眼中に映じ来る他国を一々民族の如何いかんを問わず征服するという、古代の帝国主義者であったのである。
大戦乱後の国際平和 (新字新仮名) / 大隈重信(著)
成吉汗ジンギスカンの子孫が随分えらい事をやって、欧羅巴ヨーロッパ人をして戦慄させたのである。
平和事業の将来 (新字新仮名) / 大隈重信(著)
見給へ、源義経は成吉思可汗ジンギスカンとなつたのである。
風博士 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
ジウラ王子は蒙古の王様のうちでも、成吉斯汗ジンギスカンのすゑだとよばれる名家の子でした。
ラマ塔の秘密 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
「ジウラさん、御免なさいね。もう、きもためしだなんて、あんな危ない目に貴方あなたを、あはしませんわ。あたし本当に馬鹿ばかだつたのねえ。でも、貴方、これから強く/\なつて、成吉斯汗ジンギスカンのやうな英雄になつて下さいね」
ラマ塔の秘密 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)