此奴こいつ)” の例文
さて、題だが……題は何としよう? 此奴には昔から附倦んだものだッけ……と思案の末、と膝をって、平凡! 平凡に、限る。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
此奴は本当の悪魔ですよ、そのくせ恐ろしく頭が良いから、私も、もう少しでやられるところだった。皆さん、これを御覧なさい」
悪魔の顔 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
かく「何も糞もあるものか、よくのめ/\と来やアがった、手前が意地を附けたばっかりで忰を牢死させるようにしやアがって此奴
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
さあ、分るだろうとは思いますが、しかし此奴は一往尋ねて見てからでなけりゃあハッキリしたことは云えませんねえ。最善の方法を
痴人の愛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
どいつも此奴も癪に障ると思はないではゐられなくなる。さうして自分は一日と雖も、新聞記者を憎む事を忘れる事が出來なくなつた。
やっている。此奴は骨の折れる商売だが、なかなか文化に有益な商売でね。一度俺と一緒について来ないか。面白い所を見せてやるよ。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)
「旦那、此奴あ、怪しからん奴なんです。これから皆で叩き殺してやらうと思つてる所なんです。どうか其処で見てゐて下さい。」
A いよ/\馬鹿だなア此奴は。そ、洒落皮肉諷刺説明してになる。刺身にワサビをけてなもんぢやないか。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)
所が此奴いとも臭いともいようのない女で、着物はボロ/\、髪はボウ/\、その髪にがウヤ/\して居るのが見える。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
お袋に兄貴、従妹、と多勢一緒にった写真を送って来た時、新吉は、「何奴此奴百姓面してやがらア。厭になっちまう。」
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
此奴との流しも、いざといえば、こういう時のためと、人の勝手元から、家内の模様を見ておいたが、案外早く、役に立つ時が参った」
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
月の光を浴びて身辺処々たる照返するのは釦紐か武具の光るのであろう。はてな、此奴死骸かな。それとも負傷者かな?
キ……貴様はテキ屋の竜公……。コ……此奴は私の借屋に居やがって……家賃を溜めて……デ……出て行きやがらないんです。
芝居狂冒険 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
さ。野衾でも何でもいやね。貢さんを可愛がるんだもの、恐くはないから行って御覧、折角、気晴くのものを、ねえ。此奴が、」
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「新規に雇い入れた寿司の職人でございます。握り三年と申しましていい職人はなかなかおりませぬが、此奴はなかなか使えそうで。——」
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「君、馴育掛りのお嬢さんへようくいわなきァ駄目だぜ。鍵を忘れたもんだから勝手にでちまって、それに、此奴までがえらく亢奮している」
人外魔境:01 有尾人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
いゝや。娘さんですか。いゝや。後家様。いゝや。お婆さんですか。馬鹿を云へ可愛想に。では赤ん坊。此奴め人をからかふな、ハヽハヽヽ。
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
此奴、とぼけたをしているが、幕吏の廻し者か、幕府の誰かに、頼まれたに相違ない。さもなくば、この武市に、吹矢を射るはずはない」
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
此奴が最後に地軸もろとも引裂くような爆発音を起すのだから、ただ一本の棒にこもった充実した凄味といったら論外で
白痴 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
! お静かに」そしてユアンの右腕が挙がった。此奴め! 拳銃を突きつける気だな! と私は直感したのであった。
陰獣トリステサ (新字新仮名) / 橘外男(著)
その赤樫と云ふ奴は貸金の督促を利用しては女をぶのが道楽で、此奴の為にされた者は随分意外のにも在るさうな。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
毎日うして二人で働いてゐたが、時々飛入りに手伝に来る職人があつた。此奴が手伝に来ると、屹度娘を叱り飛ばす、してミハイロに調戯ふ。
椋のミハイロ (新字旧仮名) / ボレスワフ・プルス(著)
なぜって?……友人だったあのディーネルのでさえ、ああいう待遇をしたところを見ると、昔さんざんいじめられて憎んでるに違いない此奴から
此間社に来て、昨夜耽溺をして来た、と言っていたと聞いたから、はあ此奴は屹度桜木に行ったなと思ったから、直ぐ行って聞いて見てやった。」
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
此奴乗打ちをしたナ、覚えてろ!」と紅葉は手を振上げて打つをするとヨタヨタがいよいよヨタヨタした。
さうかと思ふと、代助の口調が如何にも平気で、冷静で、はにかまず、もぢかず尋常極まつてゐるので、此奴は手の付け様がないといふ気にもなる。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「何をいってやァがるとは思ったけれど、でもない、また、大きにそうかも知れねえ。ことによったら、此奴……」
春泥 (新字新仮名) / 久保田万太郎(著)
いったい、此奴ら、人間であるか、ただしは山のであろうか。それは知らぬ。ただ踊る姿は人間の女で、笊は手振は足取りは鰌すくいにちがいない。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
此奴のために、私の休養の形は安静、床に休むことになって来る。おなかの右下四分の一にだけ邪魔ものがいる。きのうきょう、これがバッコしているのです。
端艇へすがあるのでしも右舷間近いでた三四沙魚、『此奴を。』と投込むかまぬに、は『やツ。しまつた。』と絶叫したよ。
あのとき此奴は、兄さんにめられたのです。兄さんは護身用に、携帯感電器をもっていらっしゃる。
崩れる鬼影 (新字新仮名) / 海野十三(著)
有喜子には支那人の情人があるという噂を聞いていましたので、咄嗟に此奴だなと思いました。
機密の魅惑 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)
向河岸の楊柳の間に、何時の間にやら以前の悪僧が再現して手に鰻裂の小庖丁を持っていた。此方を睨んだ眼の凄さと云ったら無かった。此奴が正しく藤蔓を断ったのだ。
死剣と生縄 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
そのかい筋肉とは無関係に、角化質の堅いが短かくの丸いない指を屈伏させるように確乎と並んでいる。此奴強情!と、逸作はその爪を眼でえながら言った。
かの女の朝 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
此奴怪しいと思つたから、何をてるんだ! とい声をけて遣つた。すると、猫のやうな眼で、ぎよろツと僕を見て、そしてがさ/\と奥の方に身を隠して了つた。
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
酒亭った當座には、食卓きつけて「よ、はくは此奴必要あらしめたまふな」なぞといってゐながら、ち二杯目いて、必要いのに
だが此奴はもう空気も水もない死んだ世界なんだから仕様がない、それよりか我々が例えばロケットか何かで地球を飛出したとすれば、まず火星に行くより仕方がないだろうね
火星の魔術師 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
栄二 兄さん、此奴、泥棒なんだ。あすこから入って来て、櫛とろうとしたんだ。僕がお母さんに上げる櫛持っていこうとしたんだ。おりさん呼んで、警察にわたしてやるんだ。
女の一生 (新字新仮名) / 森本薫(著)
確かにと同じく甲殻類に属するが、蝦や蟹が活溌に運動してを探し廻る中に交って、此奴だけは岩などに固着して、一生涯働くこともなく、餌の口に這入るのを待っている。
「やあ、此奴とう/\入りやがつたな。」川上は幾分驚嘆の気味で彼に云つた。
(新字旧仮名) / 久米正雄(著)
人間はだ皆寝ているんだろう。家も木も往来もボンヤリと見える。此奴等も寝ているんだろう。瓦斯燈さえ淋しそうに黄色く光っている。何人も乃公がな高い処にいるとは思うまい。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
甲田は、に泊るといふことに好奇心を動かした。然しそれよりも、金さへ呉れゝば此奴が帰ると思ふと、うれしいやうな気がした。そして職員室に行つてみると、福富はまだ帰らずにゐた。
葉書 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
以て出で來れば重四郎は見て其所へるのは彌十か是は重四郎樣と云ふ時手招ぎして畔倉めコレ彌十今手に掛けし此奴等は宿無しなれど此死骸が有ては兎角後が面倒なり何と此奴等を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
今わつしの所にゐる一番弟子の徳てえのは来年兵隊検査でごわすが此奴は素晴らしい腕になりやした。仕上げだらうと旋盤だらうと、火作りだらうと、何をやらしても人以上のことをやりやす。
煤煙の匂ひ (新字旧仮名) / 宮地嘉六(著)
成らざるを得ないじゃァありませんか。だが此奴も見ようによっては、『深い愛情』にも見えますなあ。で、奥さんは(何が奥さんだ!)そういう見方をしましたんで。つまり好意ある見方をね。
奥さんの家出 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
も、こう物騒な野郎ばかりが、つながって歩けねえのは、道理なのだから、お前さんが、此奴だと思う野郎を、名指しておくんなせえ。何も親分乾児の間で、遠慮することなんかありゃしねえ。
入れ札 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
桂川はお長右衞門はせてへちよこなんとつてるか、此奴いお茶番だとはれるに、なら眞似ろ、仕事やのつて茶棚菓子鉢
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
またこんな人間もいるだろう。其奴はきょうあたり大丈夫で、息張って歩いている。ところが詰まらない、偶然の出来事で、此奴は一二週間の内に死んでしまうのだ。そのくせ死という事なんぞを
みれん (新字新仮名) / アルツール・シュニッツレル(著)
長者は黙ってずいて、じっと壮い男の顔を見おろしておりましたが、「ふむ、此奴は、この間の奴だな、まだ赤餅の味を知らんと見えるな」とるように笑って、家の内をり向いて云いました。
宇賀長者物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
森さんが「らしいッたら、ありゃしない。此奴ったら」と、ぼくのほうをでしゃくって、「ウインクの真似をしてやがるんだ。こんなにしてな」と、さも厭らしく三白眼をむいてみせます。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)