奥さんの家出おくさんのいえで
年増女の美しさは、八月の肌を持っているからだ。 ああ小径には凋るる花 残んの芳香を上げている。 「よろしゅうございます、お話ししましょう。が、それ前に標語を一つ、お話しすることにいたしましょう。 『心にゴロン棒の意気を蔵し、顔に紳士の仮面を …
作品に特徴的な語句
ポーズ 彼女あなた 生活くえ 生活 ケン このみ うなず かむ 可愛かわ よご 其方そっち あたし あし 遭遇 あい より 接吻キッス 此方こっち 水禽すいきん おびや めん 何方どっち しお むら 可成かな 嗜好このみ 大写おおうつし 彼奴きゃつ 悉皆すっかり うれい ふる ななめ 有無あるなし 木橋もくきょう けだもの おだやか こころみ 造作ぞうさく 上下うえした 不可いけ 不味まず うち 乃至ないし なが しま 人気ひとけ 先刻さっき 其奴そいつ ところ 勿体もったい いや 可笑おか 呶鳴どな とが 塩梅あんばい 塵埃ほこり おびただ うち 家並やなみ 家鶏にわとり むし なお もっと 市街まち 幾個いくつ とこ 強請ゆすり 強迫きょうはく 彼奴あいつ 後毛おくれげ 懐中ふところ 成程なるほど 我鳴がな 所謂いわゆる うま これ 書籍ほん つき 此奴こいつ ほとん のこ 毒吐どくづ まこと あぶ